シナリオ




三国志12公式ホームページより、『シナリオ』の概要。


184年2月 黄巾の乱
長き栄華を誇った漢朝にも衰退の兆しが現れ、民は疲弊していた。
そこに登場した太平道の教祖・張角は、漢朝打倒のため信者を組織し、
一斉に蜂起させた。世にいう「黄巾の乱」である。

190年1月 反董卓連合
霊帝崩御後、混乱する都・洛陽から逃れた少帝を手中に収めたのは
西涼の董卓であった。武力を背景に政権を牛耳った董卓は、皇帝の
廃立を断行。この暴挙に対し、諸侯の間に反董卓の気運が高まる。

195年1月 群雄割拠
義父・董卓を討った呂布は、兗州を巡って曹操と争い、劉備は陶謙
から譲られて徐州を領有。江東では孫策が玉璽を質に袁術から兵を
借りて自立を目論む。世は群雄割拠の時代に突入していた。

200年5月 官渡の戦い
献帝を奉戴した曹操は、難敵を次々に討ち滅ぼし中原を制す。一方
袁紹は河北を統一し、最大勢力を形成。ついにその視線を中原へと
向ける。天下分け目の戦いが始まろうとしていた。

207年9月 三顧の礼
官渡の戦いで曹操は袁紹を破り、河北一帯を制圧。天下統一を狙う
曹操は、次なる標的を江南に定める。江南では孫権が着実に勢力を
拡大し、荊州で雌伏する劉備に一大転機が訪れようとしていた。

214年6月 益州平定
赤壁の紅蓮の炎に、曹操の野望はついえた。孫権と曹操が争う隙に
荊南四郡を攻略した劉備は、劉璋の招きによって入蜀すると益州を
平定する。ここに「天下三分」が成ろうとしていた。

251年1月 英雄終結
乱世の奸雄・曹操、漢の皇叔・劉備、江東の虎・孫堅。そして数多
の知将・賢臣・軍師・美女たち。今、時を越えて英雄たちが一つの
天下に集結する。大乱世を制するのは、どの英雄か?



【シナリオ(事前情報)の最新記事】
posted by 鋼錬 | Comment(0) | シナリオ(事前情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。